わきがのニオイの発生源

ワキガのニオイの発生源をしることはワキガの改善には非常に大事なことになります。やはりしっかりと原因部分を知って対策を行ったほうが、自分が何をやっているのかしっかりと理解できるので安心して取り組むことができます。

ワキガのニオイの発生源になっているのは、脇から出る汗になります。そしてこの汗を分泌している器官が肌の汗腺類という小さな器官になります。

この汗腺類には2つの汗腺が存在しており、それぞれ「アポクリン汗腺」と「エクリン汗腺」と呼ばれています。この汗腺はそれぞれ役割が異なっています。

エクリン汗腺は皮膚の表面に広範囲にあって、手の平と足の裏に一番多く存在している汗腺になります。ここから出てくる汗は99パーセントが水分なのでほとんどニオイはありません。

暑いときに分泌して水分を蒸発させたりするので、体温を調節するための汗を出す役割を担っています。そのためエクリン汗腺はワキガとは関係のない汗腺になります。

つまりワキガの原因になっているのが「アポクリン汗腺」ということになります。

ワキガの発生源はアポクリン汗腺

ワキガの原因であるアポクリン汗腺は、脇の下はもちろんですが、陰部や乳首の周囲、へその周囲や、耳の穴の中にだけある汗腺になります。

特にワキの下にもっとも多く分布しており、思春期くらいの時期になるとその働きが活発化してきます。この汗腺は毛根に合流しており、毛穴が汗の出口になっています。

具体的なニオイ発生の仕組みは、アポクリン汗腺には脂肪分やたんぱく質が多く含まれており、これが皮膚に存在する細菌によって分解されることによってワキガのニオイが発生するようになります。

アポクリン汗腺も何か重要な役割があるのではないかと思われましたが、エクリン汗腺とは違って重要な働きが見当たらない汗腺になります。

そのためワキガ手術ではこのニオイの発生源になっているアポクリン汗腺を除去するのが目的になります。

わきが対策はある意味ではアポクリン汗腺対策と言い換えることもできるかもしれないですね。トップページではワキガのニオイ対策の方法を載せているので参考にして見てはどうでしょうか。不妊治療