わきがが遺伝するのは事実?

ワキガのニオイの発生源についてアポクリン汗腺であることはこちらで詳しく説明されていますが、アポクリン汗腺がどれくらい活発に働いているかがワキガの大きな要因になります。

このアポクリン汗腺のについての要素は遺伝に非常に左右されやすいものになります。

具体的なパーセンテージを語ると、両親のうちいずれかがワキガ体質の場合だと、大体50%の確率で遺伝します。両親ともワキガ体質の場合だと、80%とかなり高い確率で遺伝するといわれています。

そのため自分がワキガなのかどうかを判断する場合には両親がワキガ体質なのかをチェックすることは非常に重要なファクターだと言えると思います。

また子供を持っている親御さんの場合だと、この点には注意したほうがいいと思います。両親が知らないうちに、お子さんがワキガで人知れず悩んでいるかもしれないからです。

遺伝する確率は高いが100パーセントではない

両親のどちらかがワキガ体質でも100パーセント遺伝するわけではないので注意が必要です。遺伝というのはワキガが発症する要因の一つでしかないと言うとです。

他にも食生活やストレスによってワキガのニオイが出てくるという可能性はあるということです。そもそもニオイの元のアポクリン汗腺は人間の体に普通に備わっている器官なので、誰にでもあります。誰にでもあるということは誰にでもワキガが発症する可能性はあるということです。

両親がワキガだとワキガになる可能性は高いですが、それだけで自分がワキガだと短絡的に考えてはいけません。

確率は高いですが2割の確率でワキガ体質でない可能性もあります。またワキガだったとしても人によって症状や程度に差があります

治療が必要なレベルほど重症かもしれないし、日常的なケアで十分に対処出来るレベルかもしれないです。これについては発症してみないとわからないんですよね。

ただ当サイトではワキガが発症したとしても十分にわきが対策ができる方法を載せているので参考にして見てはどうでしょうか。債務整理比較